HOME » 記念日に心を込めて贈るダイヤモンドジュエリー

記念日に心を込めて贈るダイヤモンドジュエリー

気持ちを形に…ダイヤモンドジュエリーの贈り物

「ダイヤモンドは永遠の輝き」と言われるように、ダイヤモンドをプレゼントするということは、永遠の絆を意味し、他の宝石類とは意味が異なります。長く手元に残しておくことのできるダイヤモンドジュエリーは、記念日の贈り物として一番の思い出の品になります。

贈る相手によって変わってくるダイヤモンドの選び方やニーズをご紹介しましょう。

婚約指輪 ダイヤモンドの選び方

結婚の約束と愛の象徴として相手に贈る婚約指輪は、ダイヤモンドの品質が特に大切!結婚準備のことも考えた予算の組み方をし、一般的な相場も考えて婚約指輪選びにのぞみましょう。

婚約指輪にはダイヤモンドが入っていなければいけないということはありません。ところが実際は婚約指輪を選ぶ人の9割以上がダイヤモンドの入ったリングを選択しています。その理由はダイヤモンドが持つ透明感や輝きが人を魅了するからでしょう。

ダイヤモンドの中でも選ばれているものの多くが0.3カラット前後だと言われています。ダイヤモンドリングの価格は、ダイヤモンドの研磨やカットのグレード、透明度だけでなくリング部分の素材によっても価格に差が生じます。ダイヤモンドリングを構成する部位それぞれに注目して、予算に合うダイヤモンドリングを選んでください。

婚約指輪の選び方を見る>>

結婚指輪 ダイヤモンドの選び方

最近の結婚指輪にはダイヤモンドの入ったリングが選ばれることが多くなってきました。ダイヤモンドの入った結婚指輪は特にアフターサービスも重要です。また、男性の結婚指輪にあしらわれるダイヤモンドのトレンドについても紹介しています。

結婚指輪を選ぶ場合に皆さんが注目しているのはデザインや価格という部分が大半です。でもせっかく購入するのだからご自分のライフスタイルを考えずに選ぶのはやはり損になります。それは結婚指輪を毎日使うのか、特別な日だけに使うのか、どんな場面で使いたいのかを考えてデザインを選べば間違いないということです。つまり2人のライフスタイルを考えて選ぶほうが良いということです。

毎日身につけたいならシンプルなデザインを選んでおきましょう。そうすればTPOに関係なく、服装に選ばれることなくベーシックなソリティア(ひとつ石)タイプがお勧めです。仕事場や家事でもつけていて問題がないのは引っかかりが少ないタイプのものを選びましょう。

休日やアフター5に身につけたいなら個性的で自分らしさが発信できるデザインを選びましょう。毎日つけたいけれど紛失しないか心配、プライベートだけつけたい人は個性的なデザインでもかまわないでしょう。

婚約指輪は女性だけがつけますが、結婚指輪はペアリングとして男性も長い間つけるものです。そこで結婚指輪は女性だけでなく両者の意見や好みをもとにして選びましょう。あらかじめ雑誌やカタログ、結婚指輪のウェブサイトなどを参考にし、お互いの考えを一致させておくとスムーズです。

結婚指輪の選び方を見る>>

夫から妻へ 結婚記念日に贈るダイヤモンド

結婚記念日に贈られるケースで多いのはダイヤモンドが指輪を取り囲むエタニティリング。その種類と使い分け、結婚10年目の記念に贈るスイート10ダイヤモンドについても説明しています。

結婚記念日に妻へ送るプレゼントの定番はブローチやイアリングなどのジュエリーで、ダイヤモンドのついたものは多くの男性に選ばれています。その人気の高さは、ダイヤモンドの持つイメージに理由があります。ダイヤモンドのコピーとして名高い「ダイヤモンドは永遠の輝き」というフレーズがありますが、この永遠の輝きは愛情表現に最適であり、非常に優れたプレゼントの一つだと考えられているからです。

プレゼントが良いものである越したことはありませんが、プレゼント自体のイメージもとても重要です。それはプレゼントのイメージを活かしてより喜ばれるプレゼントをしたい夫の気持ち、受取る妻の気持ちもあります。ダイヤモンドの上品な輝きは結婚記念日に思いを伝えるために最適で、女性からも喜ばれるイメージが定着しているのかもしれません。

結婚記念日に贈るダイヤモンドジュエリーをより相手に喜んでもらうためには、その場面に適したダイヤモンドを選ぶ必要があります。贈る場合は宝石が持つ意味を知り、相手に送りたいメッセージをプレセントに込めることが大切です。ダイヤモンドなら「お守り」というような意味もあるので、一緒にいられない時間があってもダイヤモンドが守ってくれるといったような意味を込めるのもロマンチックです。またダイヤモンドリングのデザインやダイヤモンドのクラスなど、そのジュエリーが持つカテゴリーによっても持たせる意味は違います。このようにダイヤモンドジュエリーには特別な日を祝うための素敵なイメージを持っていることも人気の秘密なのです。

結婚記念日に贈るダイヤモンドジュエリーの選び方を見る>>

親から子へ 娘の誕生日・成人の記念に贈るダイヤモンド

娘の誕生日プレゼントや成人の記念に贈って、喜ばれること間違いなしなのがダイヤモンドネックレス!シンプルな1粒ダイヤモンドネックレスをおすすめする理由と、さらにおすすめのブランドについて紹介しています。

もし子供に親からファーストジュエリーとして贈るならダイヤモンドが適しています。親から子へのプレゼントには誕生日、婚約記念日、10年目の結婚記念日など、子どもの成長と自立を実感するイベントの記念としてダイヤモンドジュエリーを贈ることが多いようです。成人式になった娘にファーストジュエリーとしてダイヤモンドジュエリーとしてネックレスを贈ることもあります。指輪ということも考えられますが、婚約指輪と混同されたり、石がついた指輪は日常生活に向かないこともあって、ファーストジェリーにはネックレスを選ぶケースが多いのです。これなら洋服を選ばず和装にも使えるので成人式の着物にも似合います。また他のネックレスと一緒につけることも可能なのでアレンジできて長く使えます。

ダイヤモンドには透明なタイプとカラータイプがありますが、透明なダイヤモンドのほうが価値は高いとされており、それとは別にピンク・グリーン・黒などは希少で場合によっては透明なものより価値が高い場合もあります。黄色い色のカナリー・イエローと呼ばれる色のダイヤモンドは透明なものより高価な場合もあります。

どんなダイヤモンドを選ぶのかは、贈る相手の肌の色に合わせるのも良い選択方法です。そしてネックレスを選ぶなら、台座やチェーンをゴールドにするかシルバーにするかによってもイメージが変わります。また押し付けでなく、本人の好みを最初に確認することが大切です。実際にお店に行く前に、カタログやお店のウェブサイト等でチェックしておきましょう。ある程度の目安や方向性を決めていったほうが選びやすいでしょう。

娘の記念日に贈るネックレスの選び方を見る>>

子どもから親へ 両親の結婚記念日に贈るダイヤモンド

両親への感謝の気持ちを込めて贈られるダイヤモンドジュエリー。選ぶときのコツや、母親父親それぞれにぴったりなダイヤモンドジュエリーを紹介しています。

両親に対して結婚記念日に子供から贈る記念品は、旅行や食器、お酒などが挙げられます。しかし結婚30年や40年になった時、ダイヤモンドジュエリーを贈るのも素敵ですね。実はこれには意味があります。結婚して子育てに突入するとアクセサリーを身に着けるどころか、子供にお金がかかりそれどころではなくなった、おしゃれをする余裕がなくなったというご両親も多いようです。自分は二の次になるご両親がそれだけ多いということでしょう。そこでお父様にはダイヤモンドのついたカフスリングやタイホルダー、お母様にはダイヤモンドネックレスなどを贈ってみてはいかがでしょうか。ネックレスは若い感じのデザインをお勧めします。年齢によって守りに入るファッションも、少し派手かな?と思うようなファッションが若くいられるコツです。若いアイテムを身に着けると、洋服やメイクも若々しい印象になり、心にもエネルギーが生まれます。ご両親への結婚記念日に贈るダイヤモンドジュエリーは、日ごろの感謝を示し、今後の健康を願う意味でも価値のある贈り物になるでしょう。

両親の記念日に贈るジュエリーの選び方を見る>>