HOME » 記念日に心を込めて贈るダイヤモンドジュエリー » 婚約指輪 ダイヤモンドの選び方

婚約指輪 ダイヤモンドの選び方

婚約指輪のダイヤモンドは品質で選ぶ

ダイヤモンドリング画像

婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれ、結婚を約束した男性から女性に贈られるジュエリー。プロポーズの際に渡されることも多く、愛を誓う気持ちが込められています。婚約指輪をつける習慣は古代ギリシャ時代に始まり、左手薬指に心臓へとつながる大切な血管が通っていると考えられていたからだと言われています。相手とのつながりを強く願い、その指に永遠を表す「輪」をつけることで永遠の愛を誓い合いました。女性にとっては愛の象徴として指輪の価値以上に大切なジュエリーとなります。

婚約指輪と結婚指輪の大きな違いが、女性だけが婚約指輪を身に着けるというところ。ほとんどの場合で婚約指輪にはダイヤモンドが用いられるため、ダイヤモンドの品質が非常に重要となります。とは言え、結婚準備には挙式や披露宴など費用がかかるもの。結婚費用を念頭に置きつつ、婚約指輪に使うことのできる予算を考えなくてはなりません。

今の時代はカップルそれぞれの価値観や生活スタイルに合った価格の婚約指輪が望ましいですが、世間一般の相場というのも気になるものですよね。一般的には婚約指輪の相場はおおよそ35~36万円だと言われています。高額ではなくてもダイヤモンドが高品質のジュエリーブランドが存在するので比較して選びましょう。

婚約指輪のおすすめダイヤモンドジュエリーブランド

Le voile(エクセルコダイヤモンド)

Le voile(エクセルコダイヤモンド)の商品画像

引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式サイト(http://www.exelco.com/catalog/engagement-ring/le_voile/)

「Le voile」(ル ヴォワール)はフランス語で「ベール」のこと。挙式では、花嫁の顔を覆うベールを新郎が上げることで、二人の間の壁は取り払われて晴れて夫婦となります。また、ベールには「幕開け」の意味もあり、新たな人生を共に歩み始める二人への祝福も込められているリングです。二人の人生がダイヤモンドのように永遠に輝き続けることを祈って……。

価格:330,000円~