HOME » 記念日に心を込めて贈るダイヤモンドジュエリー » 結婚指輪 ダイヤモンドの選び方

結婚指輪 ダイヤモンドの選び方

人気が高いダイヤモンドつきの結婚指輪

2つのダイヤモンドリング画像

最近の結婚指輪のトレンドは、ブランドやコレクションは揃えながらも、男女それぞれの好みに合わせたリングを選ぶこと。あまりジュエリーになじみのない男性でも、結婚指輪は「夫婦や家庭の絆」や「夫婦円満な暖かい家庭」を印象づけるという理由で身に着ける人も多くなってきました。仕事場で結婚指輪をしていても差し支えない職種の場合にはシンプルなものを。仕事上、普段はマリッジリングなどはつけられないという男性はしゃれたデザインのものでもいいかもしれませんね。

結婚指輪の平均費用はペアで200,000円前後が一般的だと言われています。ただし最近は結婚指輪もダイヤモンドがあしらわれたものが人気になってきているので、相場がその分高くなっています。

男性の選ぶリングの中でも、じわじわと注目度が上がっているのがブラックダイヤモンドをあしらった結婚指輪。ジュエリーには関心の薄い男性も、1度試着してみる価値ありです。

ずっと身に着けるものだからアフターサービスも重要

1度つけるとはずすことが少なくなる結婚指輪。長くつけていると指に合わなくなったり歪んだりと、不具合が出てきてしまう場合も……!特にダイヤモンドを埋め込んでいる結婚指輪の場合は、石が紛失したりしないようにリングのアフターサービスも大事になってきます。結婚指輪を選ぶ際にはデザインばかりではなく、ダイヤモンドの品質保証やアフターサービスの充実度も重視しましょう。結婚指輪に関してはクリーニングやサイズ直しなどを永久無料保証しているジュエリーブランドも少なくありません。

結婚指輪のおすすめダイヤモンドジュエリーブランド

CENDRILLON(エクセルコダイヤモンド)

CENDRILLON(エクセルコダイヤモンド)の商品画像

引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式サイト(http://www.exelco.com/catalog/marriage-ring/cendrillon/)

フランス語で「シンデレラ」を意味する「CENDRILLON」(サンドリヨン)という名前がつけられた結婚指輪。リングの斜めのカットのデザインとダイヤモンドが「ガラスの靴」をイメージした輝きを放っています。メンズのリングにはナイト(騎士)をイメージしたブラックダイヤモンドがセッティングされていて、これも王子とシンデレラの出会った真夜中が見えてくるよう。

価格(上から):168,000円(L)、134,000円(M)、138,000円(M)