HOME » 記念日に心を込めて贈るダイヤモンドジュエリー » 結婚指輪 ダイヤモンドの選び方

結婚指輪 ダイヤモンドの選び方

人気が高いダイヤモンドつきの結婚指輪

2つのダイヤモンドリング画像

最近の結婚指輪のトレンドは、ブランドやコレクションは揃えながらも、男女それぞれの好みに合わせたリングを選ぶこと。あまりジュエリーになじみのない男性でも、結婚指輪は「夫婦や家庭の絆」や「夫婦円満な暖かい家庭」を印象づけるという理由で身に着ける人も多くなってきました。仕事場で結婚指輪をしていても差し支えない職種の場合にはシンプルなものを。仕事上、普段はマリッジリングなどはつけられないという男性はしゃれたデザインのものでもいいかもしれませんね。

結婚指輪の平均費用はペアで200,000円前後が一般的だと言われています。ただし最近は結婚指輪もダイヤモンドがあしらわれたものが人気になってきているので、相場がその分高くなっています。

男性の選ぶリングの中でも、じわじわと注目度が上がっているのがブラックダイヤモンドをあしらった結婚指輪。ジュエリーには関心の薄い男性も、1度試着してみる価値ありです。

ずっと身に着けるものだからアフターサービスも重要

1度つけるとはずすことが少なくなる結婚指輪。長くつけていると指に合わなくなったり歪んだりと、不具合が出てきてしまう場合も……!特にダイヤモンドを埋め込んでいる結婚指輪の場合は、石が紛失したりしないようにリングのアフターサービスも大事になってきます。結婚指輪を選ぶ際にはデザインばかりではなく、ダイヤモンドの品質保証やアフターサービスの充実度も重視しましょう。結婚指輪に関してはクリーニングやサイズ直しなどを永久無料保証しているジュエリーブランドも少なくありません。

結婚指輪のおすすめダイヤモンドジュエリーブランド

CENDRILLON(エクセルコダイヤモンド)

CENDRILLON(エクセルコダイヤモンド)の商品画像

引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式サイト(http://www.exelco.com/catalog/marriage-ring/cendrillon/)

フランス語で「シンデレラ」を意味する「CENDRILLON」(サンドリヨン)という名前がつけられた結婚指輪。リングの斜めのカットのデザインとダイヤモンドが「ガラスの靴」をイメージした輝きを放っています。メンズのリングにはナイト(騎士)をイメージしたブラックダイヤモンドがセッティングされていて、これも王子とシンデレラの出会った真夜中が見えてくるよう。

価格(上から):168,000円(L)、134,000円(M)、138,000円(M)

これを抑えれば間違いない。ダイヤモンドの選び方

結婚指輪を選ぶ際、ダイヤモンドをあしらった指輪を選びたい場合は少し小さめの石を使ったものを選んだ方が良いでしょう。婚約指輪が別にある場合はその石の大きさを超えない範囲のものがおすすめですが、重ね付けをする場合は大きさよりもデザインに重点をおいて選ぶのが正解です。

また、結婚指輪は夫婦でペアのものを使うことを前提としているため、男性側もダイヤモンドを付けたものにするか、女性側だけに付けるかでもイメージが変わってきます。女性側のみの場合なら少し存在感のあるデザイン、両方に付けるならばシンプルで上品なデザインにすると違和感が無くなります。せっかくのペアリングですから、お互いが気に入ったものを選ぶことが一番です。

ダイヤモンドの価値はカット・カラー・カラット・クラリティの4つの“C”の質によって決まるります。“カット”は存分に輝きを発揮するカットや研磨になっているか、“カラー”は色、“カラット”は重さ、“クラリティ”は透明度を表す指標です。ダイヤモンドそのものについては婚約指輪のように大きなこだわりはない方が多いかもしれませんが、こだわれる範囲で選んでみると良いでしょう。

先ほどお話しした通り、結婚指輪の場合は少し小さめのダイヤモンドを使ったものがおすすめ。そのため、カラットは0.2ほどで十分です。また、細かなダイヤモンドを複数あしらったパヴェリングもゴージャスな雰囲気になります。ダイヤモンドは小さなものであれば、クラリティで評価されるキズ、欠け、内包物も気にならない程度のものがほとんど。それらが肉眼では見えない範囲と評価されるSランクの石であれば問題ありません。

カラーは無色透明のものが良いとされ、黄色味が強くなるほど価値が下がります。D、E、Fといったランクのものが透明度が高く、結婚指輪、婚約指輪で最も多く使われています。ただし、黄色味が一定の範囲を超えればイエローダイヤモンド、ピンクやブラックなどの色味のものはファンシーカラーと呼ばれ、その価値も上がります。女性にはピンク、男性にはブラック、という使い方をすると、同じデザインでもそれぞれの個性が出ながらも結婚指輪らしさが出ます。男性は指輪そのものにわずらわしさを感じたり、きゃしゃなデザインやフェミニンなフォルムに抵抗がある場合が多いので、ペアと言えども男らしさを感じられるようなデザインを選択するようにしましょう。

結婚指輪は婚約指輪と違い、常に身に付けて生活するものです。立て爪など、引っ掛かりやすかったり肌に違和感を持つようなデザインではいくら上質なものでもふさわしくありません。引っ掛かりが何度も起きると爪がゆがんで石を紛失してしまうということも起こるので、その点も十分考慮してデザインを選ぶようにしましょう。

また、結婚指輪はアフターケアも非常に重要です。男性は手洗いや入浴でわざわざ指輪を外すということはあまりしませんし、女性でも毎日の炊事や洗濯で指輪を外すのは大変です。輝きが魅力のダイヤモンドですが、日常生活を送るだけでもくすんでくるものです。それこそが夫婦が歩んだ年月の証とも言えますが、しっかりとケアすることで最初の輝きを取り戻すこともできます。夫婦の結婚記念日などには、気持ちを新たにするためにもぜひ専門店や購入店舗でアフターケアをしてもらうことをおすすめします。

どんなものを選んだとしても、そこには夫婦の年月が刻まれていくものです。その輝きが“永遠の輝き”と称されることもあるなど、ダイヤモンドは永遠の愛の象徴に最もふさわしいジュエリーと言われています。左手の薬指にいつでも存在を感じる、ちょっと贅沢な結婚指輪で新生活を始めてみてはいかがでしょうか。