カルティエ

一生もののしっかりとした作りのジュエリー

カルティエの公式HP画像
引用元:カルティエ(http://www.cartier.jp/)

カルティエは王室御用達。かつてエドワード7世が「王の宝石商、宝石商の王(Jeweller of kings , king of jewellers)」と呼んだ名門ジュエリーブランドです。

カルティエが生まれたのは1847年のフランス・パリ。長い歴史に裏付けられた信頼の高さで、名をはせています。

そんなカルティエが日本で初めてブティックをオープンしたのは、創業から1世紀以上も経った1974年のこと。精巧な技術によってもたらされた気品あふれるデザインは日本人にも高い人気を誇りながら、指輪に唯一無二の特別感を与えています。少し背伸びしてでも手に入れたい、一生もののジュエリーと言えるでしょう。

また、ハイブランドではあるものの、カルティエの指輪は価格にバリエーションがあるもの魅力。上限はキリがありませんが、ちょっと予算を多く見積もれば無理なく購入できる品ぞろえとなっています。

カルティエの代表的なアイテム

ソリテール1895エンゲージメントリング

ソリテール1895エンゲージメントリング
引用元:カルティエ(http://www.cartier.jp/ja/商品カテゴリー/婚約&結婚指輪/婚約指輪/ソリテール-1895/n4164600-ソリテール-リング.html)

1895年以来、長く親しまれているカルティエの名品。調和を感じさせる洗練された台座と、その中央の一粒ダイヤモンドがエレガントな輝きを放ちます。

ダイヤモンドは、カットによって4本のツメで台座に留められる場合と、3本で留められる場合があります。アーム部分も、華やかにパヴェダイヤモンドをびっしりと敷き詰めたタイプと、シンプルにセンターに1つ石を配するタイプから選ぶことができます。

価格:590,220円~

カルティエの口コミ評判

「ほかのブランドにはない、カルティエの指輪のデザインが気に入りました。指輪自体は細めなのに厚みがあり、作りがしっかりとしているところが良かったです。ダイヤモンドと値段について伝えると、その通りのものを探し出してくれるなど、こちらの希望が叶いやすかったです」

「男性にも似合うシンプルなデザインが豊富です。カルティエは、自分にとっては一番の憧れのブランドでしたし、イメージしていた通りお店の人の対応も素晴らしかったです」

「一生に一度のことと思って、婚約指輪はブランド物にしようと決めていました。せっかくなんだから、できるだけ高級なところがいいと決めたのがカルティエです。しかも予算的にもちょうどいい綺麗なダイヤモンドが見つかり、とても満足しています」

店舗情報

  • カルティエ 銀座本店(並木通り)
  • 住所/東京都中央区銀座5-5-15
  • 営業時間/11:30~20:00
  • 定休日/無休
  • 公式HP/http://www.cartier.jp/