ミキモト

真珠で有名なブランドのダイヤモンドジュエリー

ミキモトの公式HP画像
引用元:ミキモト(http://www.mikimoto.com/jp/)

ミキモトと言えば、質の高い「ミキモト・パール」で国際的にも知られており、真珠の販売に関しては世界一のシェアを誇っているブランドです。

1893年に、ミキモトの創業者である御木本幸吉が真珠の養殖に成功し、そののち日本を代表するジュエラーとしての信頼を集めることに成功。こだわりの姿勢は真珠だけでなくダイヤモンドにも受け継がれ、原石を惜しむことなく良質なところだけを削って生まれるダイヤモンドは、誇り高い輝きを放っています。

1986年には高級ブランドが軒を連ねるパリのヴァンドーム広場にも出店。ハイジュエラーとして世界に認められる形となりました。

「ミキモトスタイル」と呼ばれるそのジュエリーには、日本の職人特有の緻密さと繊細が見受けられます。

ミキモトの代表的なアイテム

エンゲージリング DGR-1500R

エンゲージリング DGR-1500R
引用元:ミキモト(http://www.mikimoto.com/jp/g/gDGR-1500R/)

ダイアモンドをつぼみに見立て、花の"がく"のように6つのツメでそれを留めている清楚なデザインが人気。花嫁の人生が、ダイヤモンドのように輝きながら花開くことを願って作られています。

ツメは、角度によってミキモトの「M」の字が見えるようにしてあるなど、繊細な趣向が凝らしてあるのもポイント。凛としたイメージで品格のあるプラチナ製のリングです。

価格:200,000円~

ミキモトの口コミ評判

「海外ブランドの指輪は私の短い指には少しゴツかったのですが、ミキモトのデザインは繊細で、指につけてもしっくりしたので決めました。ミキモトと言えば真っ先に真珠が思い浮かびますが、ダイヤモンドを使った婚約指輪や結婚指輪のラインナップもとても素敵です」

「海外のブランドより価格帯が安め! そこで、その分ダイヤモンドを増やすことができました♪ ブランドの知名度よりもダイヤモンドの大きさや数を重視するなら、ミキモトはおすすめです」

「ダイヤモンドの質にもデザインにも満足できるし、価格が良心的。それに、ミキモトというブランド力があるのも選んだ理由です。ミキモトのリングであればアフターフォローも間違いなさそうだという安心感がありました」

「一生つけるものなので、信頼できる国内老舗ブランドのミキモトに決めました。外資系ブランドのダイヤと比較して、ミキモトのダイヤの輝きは別物でした。全国にある店舗にダイヤを持ち込むと、いつでも磨いてくれるサービスが嬉しいですね。」

「婚約指輪をつけていたので、重ねづけしてもダイヤが綺麗に見えるシンプルな結婚指輪をミキモトで買いました。指輪の説明がわかりやすく、スタッフの対応が丁寧で良かったです。あまり着飾らない主人も、この指輪ならシンプルでつけやすいと喜んでいました。」

店舗情報

  • ミキモト銀座2丁目本店
  • 住所/東京都中央区銀座2-4-12 MIKIMOTO Ginza2
  • 営業時間/11:00~19:00
  • 定休日/無休
  • 公式HP/http://www.mikimoto.com/jp/