ファンシーカットについて

一般的なラウンドブリリアントカットとは異なり、個性的な印象を持つファンシーカット。カラーのダイヤモンドはもちろん、無色透明のダイヤモンドでも使用されています。こちらのページではファンシーカットの中から6つのカット法を紹介しているので、「ダイヤモンドの色んなカット法を知っておきたい」と言う方はチェックしてみてください。

目次

1.ファンシーカットとは

通常ダイヤモンドは58面体にカットするラウンドブリリアントカット が一般的で、一番ダイヤモンドを魅力的にみせると言われています。その他、楕円形やハート型など個性的な形のダイヤモンドをファンシーカットと言い、特に赤や青、緑などのカラーのダイヤモンドのカット法として使用されています。

無色透明のダイヤモンドは、原石の段階でカット法が決められるもの。ラウンドブリリアントカットよりもファンシーカットの方がそのダイヤモンドの持つ魅力を最大限に引き出せる場合に、このカット法が使用されることがあります。

ラウンドブリリアントカットについてはこちら>>

カットの種類

  1. オーバルカット…楕円形にカットされたクラシックなダイヤモンド
  2. ハートシェイプカット…ハート型にカットされた女性らしいダイヤモンド
  3. ペアシェイプカット…「ペア」=洋梨の形にカットされた大人っぽいダイヤモンド
  4. エメラルドカット…長方形にカットされたシンプルな印象のダイヤモンド
  5. プリンセスカット…プリンセスをイメージさせるような大人っぽさと可愛らしさを兼ね備えた、上から見ると四角形になっているダイヤモンド
  6. マーキースカット…舟形にカットされた歴史あるダイヤモンド

特徴

さまざまな形が存在するファンシーカットは、ラウンドブリリアントカットのダイヤの半分近い価格に設定されています。また、個性的な形やユニークな形が多いのも特徴で「人と違うダイヤモンドが欲しい!」という方にピッタリです。

2.オーバルカット

オーバルカット

引用元:しちふくや高槻店(http://sitifukuya.com/diamond)

オーバルカットダイヤモンドは、シンプルな楕円形でクラシカルな雰囲気を持っています。エリザベス女王の王冠に施されているダイヤモンドのカット法にも使用されているため、ファンシーカットの中でも特に人気があるようです。オーバルカットとひと言で言っても全て同じ形ではなく、細長くカットされたものやぷっくりとした形にカットされたものなどさまざま。

ラウンドカットより縦に長いデザインになっているため、同じカラット数のダイヤモンドと比べると大きく見えるのも特徴の1つです。

オーバルカットについて詳しく見る>>

3.ハートシェイプカット

ハートシェイプカット

引用元:しちふくや高槻店(http://sitifukuya.com/diamond)

思わず胸がきゅんとなるようなハート型のハートシェイプカットダイヤモンド。

カラーダイヤモンドをカットしても魅力的ですが、無色透明のダイヤモンドをカットするとよりロマンティックになり女性らしさが一層際立ちます。綺麗なハート型にカットするのは難しく、職人の腕によってその形は差が出るそうです。また、縦横の広がり方がそれぞれ異なり、縦に長いものから横に広がったものまで1つひとつ個性が出るのが特徴。日本では珍しいカットですが、欧米では若い女性に大人気のカット法です。

ハートシェイプカットについて詳しく見る>>

4.ペアシェイプカット

ペアシェイプカット

引用元:ユアエメラルド(http://shop.your-emerald.com/eshopdo/refer/videm5528.html)

ダイヤモンドの美しさが特に強調されるペアシェイプカットダイヤモンド。フェミニンな印象を持ち、身に付けている人の魅力を引き出してくれるようなカット法です。「ペア」は日本語で洋梨。

洋梨の形と言われていますが、涙のしずくにも見えることから「ティアドロップ」と呼ばれることもあります。ペアシェイプカットのダイヤモンドは1つ1つに個性があり、細長いものや膨らみをおびたものなどさまざま。リングにペアシェイプダイヤモンドを使用すると指が細長く見える効果が期待できます。

ペアシェイプカットについて詳しく見る>>

5.エメラルドカット

エメラルドカット

引用元:IZURU(http://izuru.biz/ordermade/emerald-cut.html)

洗練された大人の女性を連想させるようなエメラルドカットダイヤモンド。もともとエメラルドを加工するときのカットとして多く使用されていたことから、エメラルドカットと呼ばれるようになりました。カット数が少なくダイヤそのものの透明度が目立ちやすいため、使用するダイヤモンドの素材選びが重要。質の良い石だけがエメラルドカットを施せます。長方形にカットされていますが、角は丸くカットされているためよく見ると8角形になっているのが特徴です。

エメラルドカットについて詳しく見る>>

6.プリンセスカット

プリンセスカット

引用元:河原宝飾(http://www.kaitori-110.com/用語/プリンセスカットダイヤモンド)

プリンセスのような上品で可憐な印象を持つプリンセスカットダイヤモンド。上から見ると四角形に見えることから「スクエア」「レクタンギュラモディファイドブリリアント」とも呼ばれています。

1980年頃に開発されたまだ新しいカット法でありながらも、人気の高いデザインカットです。反射によって光線のような光を放つ「シンチレーション」と、ダイヤモンドの内部で反射して輝く「ブリリアンシー」が高く、モザイクがかった繊細な輝きを放ちます。

プリンセスカットについて詳しく見る>>

7.マーキースカット

マーキースカット

引用元:株式会社 タノー宝石(https://www.j-tano.com/SHOP/29225.html)

マーキーズ=公爵という意味を持つマーキースカットダイヤモンド。18世紀にルイ15世がポンパドール夫人に贈った「侯爵」の称号にちなんで、その頃登場した舟形のダイヤに「マーキス」と命名されました。ロマン溢れるストーリーが背景にあるダイヤモンドです。

両端が尖ったデザインで、縦に長さがあるためリングにすると指がほっそり見えます。また、ダイヤモンドは厚みがないと輝きが薄れてしまう場合がありますが、マーキーズはしっかりと厚みがあるため輝きも劣りません。ダイヤモンドとして単体で使用される他、花びら、蝶々の羽となどジュエリーの一部として使用されることもあります。

マーキースカットについて詳しく見る>>

8.アッシャーカット

アッシャーカット

引用元:ロイヤルアッシャー(https://www.royalasscher-jp.com/history/)

アッシャーカットは正方形にカットすることでダイヤモンドが愛らしい雰囲気になります。またシンメトリーのため美しさも兼ね備えます。カッティングの面が広く透明感があるため、どの角度から見ても上品。毎日身につけても見飽きることのない落ち着いた輝きがアッシャーカットの魅力であり、白く強い光を放つのがアッシャーカットの特徴。

アッシャーカットについて詳しく見る>>

9.世界で唯一となるダブルエクセレントの評価を獲得しているエクセルコダイヤモンド

高品質な原石を使用しているエクセルコダイヤモンドは、ダブルエクセレントとして称賛される世界で1つのジュエリーブランド。Excellent=最高の評価をもらえるブランドは数少なく、世界中から認められた証です。「相称性」や「研磨状態」が他のブランドと比べて段違いに美しいと言われています。

エクセルコはファンシーカットでもダブルエクセレントの評価を獲得。57面体でカットされたダイヤモンドは熟練鑑定士も驚くほどの正確さだと言います。また、ダイヤモンドができるまでには通常36の工程かかりますが、エクセルコはその4倍の144工程もかけており、一切の妥協を許さないストイックさを持つブランドです。

エクセルコダイヤモンドについて詳しく知りたい方はこちら>>