HOME » 価値あるダイヤモンドジュエリーの選び方 » メンズのためのダイヤモンドコーディネート

メンズのためのダイヤモンドコーディネート

結婚指輪を選ぶ際、男性はあまりこだわらずにシンプルなデザインを選んでしまいがちです。最近では、ファッションにこだわりのある男性を中心にブラックダイヤモンドが注目を浴びています。カラーダイヤモンドなかでもひときわ異彩を放つブラックダイヤモンド。芸能人が愛用していることもあり、人気急上昇中のジュエリーです。

目次

1.メンズジュエリーとして注目されるダイヤモンドとは?

結婚指輪を選ぶとき、あまりジュエリーになじみのない男性は「どれでもいい」と言いがちです。現在は婚約指輪だけでなく、結婚指輪にもダイヤモンドをさりげなく埋め込むデザインが人気となっていますが、やはり男性はシンプルなプラチナだけのものを選ぶ場合が多く見られます。これは、ダイヤモンドは女性のためのジュエリーというイメージが定着しているせいもあるかもしれません。しかし最近、ファッションにこだわりのある男性を中心に、ブラックダイヤモンドがあしらわれた結婚指輪に注目が集まっていることをご存知でしょうか。

無色透明な輝きで知られるダイヤモンドですが、そもそもは多色の天然石であり、様々なカラーが存在しています。その中でもピンクダイヤモンドやイエローダイヤモンドは高額で取引され、さらにブルーダイヤモンドやグリーンダイヤモンドなど希少なカラーでは値段が高騰します。そんな多色のダイヤモンドの中でも、個性的なのがブラックダイヤモンド。ブラックダイヤモンドはその名の通り黒い宝石で、鉄鉱石やグラファイトといった含有物が存在するために、ほかのダイヤモンドのように透明感がないのが特徴です。

そもそもジュエリーとしてあまり需要のなかったブラックダイヤモンドは、そのクールな見た目や男性芸能人が愛用していることにより、今ではメンズジュエリーとして話題沸騰!ブライダル市場からも熱い視線が注がれており、デザインも豊富に用意されるようになってきました。

2.メンズに人気のブラックダイヤモンドの魅力

2-1.ブラックダイヤモンドの基礎知識

ブラックダイヤモンドは、名前の通り「黒いダイヤモンド」です。天然採掘されたものと人工的に着色されたものが存在します。天然のブラックダイヤモンドはめったに採掘されないため、希少価値の高さが特徴。とはいえ、無色透明のダイヤモンドと比べると比較的リーズナブルな価格で購入できます。ダイヤモンドにはさまざまな種類があり、品質やカット方法によっても価値が変動。一概には言えませんが、天然物のハイクオリティなブラックダイヤモンドでも、十数万円で購入できるそうです。クオリティーの高くないものなら、1万円程度で手に入れることができます。人気が出てきている理由として、男性でも身に着けやすい色合いが挙げられるでしょう。キラキラとした無色透明のダイヤモンドよりも、落ち着いた雰囲気のブラックダイヤモンドのほうが、シックで大人な印象を与えてくれます。

2-2.なぜブラックダイヤモンドは黒い色をしているのか

ブラックダイヤモンドの黒い色味は、含まれている微細な黒色の含有物によるもの。ダイヤモンドといえば、一般的に無色透明なものを思い浮かべるのではないでしょうか。実は色が付いているものも存在し、多色石やカラーダイヤモンドと呼ばれています。ブラックダイヤモンドもカラーダイヤモンドの種類の一つ。天然のブラックダイヤモンドは、原石が作られる段階で窒素が入ると色が変色するのです。その黒く変化したダイヤモンドが、ブラックダイヤモンドと呼ばれるジュエリーに。人工のものは、人工的に窒素を送り込んで加工して作りだされます。

2-3.ブラックダイヤモンドの宝石言葉

ブラックダイヤモンドには、「地位を上げる」「秘密を守る」をはじめ、さまざまな宝石言葉があります。パワーを増幅させたり願いをかなえたりという意味が多いです。ここでは、ブラックダイヤモンドが持つ言葉を紹介します。宝石選びの参考にしてください。

恋愛・対人:不滅の愛、相手との関係を有利に運ぶ、愛情を燃え上がらせる、頼りになるパートナーが見つかる、想いが相手に伝わる

仕事・金:潜在能力を引き出す、情熱が湧きだす、カリスマ性の向上、開拓力アップ、成果を得られる

その他:個性を得られる、限界突破できる、魅力的になれる、心のガードを高める、技術力が向上する、願いをかなえる

2-4.ブラックダイヤモンドが持つ効果

パワーストーンとしてのブラックダイヤモンド

ブラックダイヤモンドも色々な石言葉を持っていますが、特に有名なのは仕事にも関わる「成功」という意味。一家の大黒柱となる男性の結婚指輪として、ふさわしい力を持つと言われています。

潜在能力の強化

ブラックダイヤモンドは、物事を超越する効果があると言われています。黒は古くから権力の象徴とされており、ダイヤモンドは「何事にもくじけぬ不屈の精神」が宿るとされているのです。その両方を兼ね備えているブラックダイヤモンドは、「カリスマ性や個性が欲しい」という人におすすめのジュエリーだと言えるでしょう。

情熱を燃え上がらせてくれる

ブラックダイヤモンドの内部には、エネルギッシュなパワーが秘められています。そのエネルギーで未来を開拓できると言われているそうです。古来からブラックダイヤモンドを身に着けることで、確実な結果を得られると信じられてきました。とても力があり、頼りになるパワーストーンです。

人気・魅力を高める

持ち主のオーラを磨き、魅力を高めてくれるという効果があると言われているブラックダイヤモンド。芸能人や権力者にも愛されており、人気を必要とする人から高評価を得ているジュエリーです。

不動の力でエネルギーをコントロール

ブラックダイヤモンドの黒い結晶は、「不動」という意味を持ちます。精神力を向上させ、物事に動じることを防ぐのです。身に着けることで、精神面でタフにしてくれる効果が期待できるでしょう。

男らしいイメージにピッタリなブラックダイヤモンド。メンズが選ぶジュエリーとして最適ではないでしょうか。意味を知って身に着ければ、お気に入りのジュエリーになること間違いなし!宝石選びで迷っているなら、ブラックダイヤモンドがおすすめです。

3.男性に人気のブラックダイヤモンド!マリッジリングで選ばれている理由

女性の好みが優先されがちなマリッジリング(結婚指輪)。ですが、男性にとっても一生もののジュエリーになります。一生に一度の選択だからこそ、女性だけでなく男性もこだわってマリッジリングを選びたいもの。近年では、マリッジリングにこだわる男性が増えてきており、選択肢としてブラックダイヤモンドも注目を浴びています。

3-1.なぜマリッジリングとして注目されている?

ブラックダイヤモンドがマリッジリングとして注目されている理由は、希少性の高さと圧倒的な存在感。人工着色のブラックダイヤモンドはリーズナブルですが、天然のブラックダイヤモンドは採掘量が少ないため、高値で取引されています。欧米ではブラックダイヤモンドのようなカラーダイヤモンドの人気が高く、日本でも芸能人が着けていることからブライダル市場でも話題になっているとのこと。ホワイトダイヤモンドよりも重厚感と力強さを感じられるため、男性からの人気が上昇中です。さりげなく輝きを放つ黒色が、スタイリッシュで個性的な男らしさを演出してくれます。

3-2.大人の男を演出するマット仕上げ

落ち着いた雰囲気を醸し出してくれるブラックダイヤモンド。ジュエリーを支えるアームをマット仕上げに加工することで、大人の男を演出してくれるマリッジリングになります。マット仕上げには、ほかにもメリットがたくさん。「鏡面加工よりもキズが目立ちにくい」「派手なデザインでも落ち着いて見える」「指に馴染みやすい、リングの重ね着けがしやすい」「光の反射を抑えることで落ち着いた高級感アップ」などがあります。デザインで鏡面加工を検討していた人も、マット仕上げを視野に入れることで、指輪選びの選択肢の幅が広がるでしょう。

3-3.マット仕上げ(つや消し加工)とは

ジュエリーを支えるアームの加工方法の一つ「マット仕上げ」。アームの表面にわざと凸凹を残すことで、光を乱反射させ控えめな輝きを放たせ、主張し過ぎない落ち着いたリングに仕上げられます。加工技術は1つだけではなく、ブラシで表面に傷を付ける方法や専用の機械による研磨加工などがあります。加工方法によって仕上がりが変化するので、自分好みのマット仕上げを選び、一生ものの指輪を手に入れてください。

4.おすすめのブラックダイヤモンドのマリッジリング

4-1.エクセルコダイヤモンド「シュヴァリエ」

Chevalier(シュヴァリエ)

引用元:エクセルコダイヤモンド(https://www.exelco.com/bridal_jewelry/marriagering/chevalier.php)

価格:159,000円~(税抜)

シュヴァリエとはフランス語で騎士を意味し、「生涯守るべき人のために愛を誓う」という想いが込められたマリッジリング。シンプルかつストレートなデザインで、マット仕上げを施したアームにブラックダイヤモンドがあしらわれています。男性のためにデザインされており、シンプルなのに力強さが感じられるのが特徴。主張し過ぎず、自分らしさを演出したい人におすすめです。

4-2.エクセルコダイヤモンド「エリザベート」

Elisabeth(エリザベート)

引用元:エクセルコダイヤモンド(https://www.exelco.com/bridal_jewelry/marriagering/elisabeth.php)

価格:153,000円~(税抜)

ベルギー王妃「エリザベート」の名を冠しているマリッジリング。「選ばれし女性だけが受け取れる」という意味が込められています。エンゲージリングと組み合わせることで、王冠のデザインが浮かび上がるようになっているのが特徴的。熟練の技術を必要とするアームの縁取りに施されたミル打ち(ミルグレイン)のおかげで、高級感のある仕上がりになっています。エクセルコダイヤモンドのブランドロゴに使用されている王冠をモチーフにしたデザインは、中世ヨーロッパの雰囲気を感じさせてくれるでしょう。