HOME » 価値あるダイヤモンドジュエリーの選び方 » ダイヤモンドネックレス

ダイヤモンドネックレス

1本は持っていたいマストアイテムのダイヤモンドネックレス

無色透明なダイヤモンドネックレスはオールマイティにつけられるアクセサリー。職場でもカジュアルな服装のときでも、比較的場所やスタイルを選ばず身に着けられることから、1本持っておくと女性にはとても心強く重宝するアイテムです。ただ、ダイヤモンドですから良い品質のものを選ぼうとするとある程度の予算が必要となります。失敗のないように試着してみるか、購入する前にダイヤモンドネックレスについて詳しく知っておくようにしましょう。

特にダイヤモンドの品質にこだわる人は、ダイヤモンドジュエリー専門店で購入するのがおすすめ。カットを始めとした4Cへの評価が高いダイヤモンドを扱っており、きちんと鑑定書がついてくるので安心です。また、アフターサービスがしっかりしているのもダイヤモンドジュエリーブランドのメリットと言えます。

自分に似合うダイヤモンドネックレスを身に着けよう!

肌の色や顔の輪郭、首の長さや太さによって、似合うダイヤモンドネックレスには違いがあります。自分に合うダイヤモンドネックレスを選ぶことでダイヤモンドはより引き立ち、身に着ける人の胸元を綺麗に彩ります。

  • 小顔
    顔が小さいためダイヤモンドのサイズが大きいとアクセサリーがゴツめになりがちです。1粒タイプで小さいサイズのダイヤモンドネックレスがおすすめ。チェーンも細いものが良いでしょう。
  • 顔が大きめ
    小顔効果が得られるのは、ボリュームのあるデザインや、縦のラインを強調したスリーストーンのダイヤモンドネックレス。逆に1粒タイプのダイヤモンドを選ぶ場合にはサイズが大きくないと顔の大きさがが目立ってしまうので注意を。
  • 面長
    スリーストーンなど縦のラインを意識したダイヤモンドネックレスを身に着けると、顔の長さがより強調されてしまいます。同じくチェーンの長い物はNG。チェーンを短くし、横のラインを意識してデザインされたダイヤモンドネックレスがおすすめです。
  • 細くて長い首
    ネックレスのチェーンは短めに。装飾のほどこされたネックレスを二連にして、首周りにボリュームを持たせても良いでしょう。チェーンが長いと余計に首の細さや長さが目立つことになるので注意しましょう。
  • 太くて短い首
    ダイヤモンドネックレスを選ぶなら、できるだけシンプルでチェーンが長めのものを。首周りはできるだけすっきりとさせると首が実際よりも細く長く見えます。細いチェーンにしてしまうと、逆に首の太さや短さが目立つことになるので気をつけてください。
  • 色白
    プラチナダイヤモンドネックレスやホワイトゴールド、ピンクゴールドなどの淡い色のものがお似合い。白人がプラチナやホワイトゴールドを身に着けると肌の色に埋もれてしまいますが、黄色人種で色白の人の場合も同様にイエローゴールドはおすすめできません。
  • 色黒
    色黒の人の肌にはイエローゴールドがよく映え美しく見えます。アフリカ系の人がシルバーよりゴールドを好むのもこのため。日焼けした肌にもイエローゴールドは良く合いますが、元の肌色に戻ってしまうのであれば、その肌色に似合ったチェーンを買うといいでしょう。