ダイヤモンドリング

ダイヤモンドリングの現在と過去

ダイヤモンドリングというと、すぐに思い浮かぶのが婚約指輪や結婚指輪。一昔前は「給料の3ヶ月分」なんて言葉もありましたが、現在ではそのカップルの価値観に合わせた指輪選びが主流です。その中でもダイヤモンドの指輪と聞いてすぐに思い浮かぶのが「ソリティア」です。ソリティアとは、4~6つのツメでダイヤモンドを台座に留めるという、ティファニーが発案したセッティング方法。1粒ダイヤモンドを指輪のセンターに目立つ形で配置するため石がとても綺麗に見えます。そのセンターストーンの両サイドなどに添えられるやや小ぶりのダイヤモンドは「メレ」と呼ばれ、指輪をより華やかな印象にします。さらにフランス語で「石畳」を意味する「パヴェ」は、小さなダイヤモンドをまさに石畳のように敷き詰めた状態。華麗な輝きで指元を照らします。また、「エタニティ」は指輪の周囲にグルッとダイヤモンドを1列に並べたデザイン。「Eternity」(永遠)という名前にちなんで、結婚記念日などに男性から女性へと贈られる定番の指輪です。

婚約指輪の中でも以前はソリティアが断トツの人気を誇り、素材でもプラチナダイヤモンドリングを選ぶカップルが多く見られました。しかし今は個性の時代。ソリティアやプラチナダイヤモンドリングの人気は今なお続いていますが、それと同時にオリジナリティや着け心地など個々の希望を大切にするカップルが増えてきています。

個性に合わせて選びたい指輪の形状

ダイヤモンドリングは結婚相手選びによく似ています。一目惚れしてもつき合ってみたら性格が合わなかったり、タイプじゃない人だったのが話してみたらとても相性が良かったり…。婚約指輪や結婚指輪も、ブランドやデザインだけに惹かれてすぐに購入するのではなく、まずダイヤモンドの品質を確かめたり試着してみることが重要。指輪のアーム部分には色々な形状があり、それによってその人の指に合うかどうかが決まります。ダイヤモンドも実際に指につけて輝きや大きさを比較して確かめてみましょう。指輪のアームの種類を、似合う指のタイプと合わせて紹介します。

  • ストレート
    リングのアームがまっすぐなタイプ。最もベーシックで婚約指輪と結婚指輪の重ね付けをしやすいデザインです。指が細い人や長い人におすすめ。
  • S字(ウェーブ)
    アームに波状のウェーブがかかっているデザイン。柔らかな印象を与えつつ、指を綺麗に見せます。指が太い人や短い人におすすめ。
  • V字
    指のつけ根に向かってアームの中央が谷になっています。指を長く見せ、シャープな印象を与えます。指が太い人や短い人におすすめ。