ダイヤモンドの評価基準「4C」

ダイヤモンドの価値を決める「4C」特に注目すべきポイントとは

ダイヤモンドの画像ダイヤモンドをお探しの方なら、「4C」という言葉を耳にしたことがあるはず。これは米国宝石学会(GIA)が定めたダイヤモンドの国際的評価基準で、世界中の多くのダイヤモンドが、この4Cを基に鑑定されます。こうした鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)が付けられる宝石はダイヤモンドしかなく、世界中で愛される特別な存在かがうかがえます。

4Cは、カット(Cut)、カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)の4つの要素からなり、それぞれの頭文字を取って名付けられました。

多くの鑑定士はこの4Cをもとに、ダイヤモンドを見定めていきます。かなりの経験と実績が必要とされますが、みなさんの手に美しい本物のダイヤモンドを送り届けられるよう、厳密かつ厳正な鑑定を行っています。

それぞれダイヤモンドのどういった点を評価しているのか、特に重視すべき基準などについて解説していきましょう。

カット(Cut)

ダイヤモンドの美しさを司る、最も重要な鑑定ポイント

カットは4Cの中で唯一、人の手によって決定する基準で、研磨を行う職人の腕によりダイヤモンドの良し悪しが左右されることとなります。「カット」は、ダイヤモンドの輝きに係る研磨面と光の相互作用評価を表します。

ダイヤモンドは原石を研磨することにより、外部から入る光が内部で反射し輝きとして引き出され、皆さんがよくご存知のようにきらびやかな光を反射する宝石へと生まれ変わります。カットの評価では、さらに細かく以下の3つの評価基準が設定されています。

  • プロポーション(全体の比率及びバランス)
  • ポリッシュ(研磨状態)
  • シンメトリー(対称性)

総合的なカットの美しさはもとより、ダイヤモンドの輝きを最大限引き出すために、研磨状態や対称性も審査されるのです。それぞれの項目に対し、EXCELLENT(EX)・VERY GOOD(VG)・GOOD(G)・FAIR(F)・POOR(P)という5段階の評価がされ、すべてが最高位のEXCELLENT(EX)とされたダイヤモンドは『トリプルエクセレント』と呼ばれ、非常に品質が高いダイヤモンドの証明になります。

トリプルエクセレントのダイヤモンドしか取り扱わない品質にこだわっているブランドもあるので、ダイヤモンド選びに迷った際は、カットの評価を重視することをオススメします。

カラット(Carat)

最もシンプルでわかりやすい評価基準

ダイヤモンドの大きさと誤解している方もいますが、「カラット」とはダイヤモンドの重さのことを言います。同じ直径の石でも研磨する形状によって重さが変わってくるため、見た目の大きさではなく、重さによって価値を判断しなくてはいけないのです。

1カラット(ct)=0.2gで、重くなるほど価値は高くなっていきます。重さというシンプルな判断なので、他の宝石でも鑑定に用いられる価値基準です。

カラー(Color)

無色透明なダイヤモンドほど価値が高くなる

ダイヤモンドといえば透き通る透明な宝石をイメージしますが、天然鉱石であるダイヤモンドの中で無色透明なものは、ほんの一握りしか無く、通常はイエローやブラウン味を帯びています。「カラー」とは、そんなダイヤモンドの色をランク分けする基準です。

カラーの評価はなんと23段階もあります。最上位がDで、そこからアルファベット順にE・F・G…Zとランクが下がっていきます。D評価は無色透明なものを指し、ランクが下がるごとに色味を帯び、一般的に黄色味がかっていきます。

色が付いてくると輝きが鈍くなりますし、見た目にもダイヤモンド本来の美しさが損なわれてしまいます。(ブルーダイヤモンドやピンクダイヤモンドといったカラーダイヤモンドは除きます)

実はダイヤモンドの鑑定で最も難しいのが、このカラー鑑定です。どれだけ正確を期そうとしても、室内環境の違いや鑑定士の体調によって色の見え方は微妙に変わってきてしまいます。そのわずかな差でダイヤモンドの価値が大きく変わることもあるので、カラー鑑定はもとより、4Cは必ず2人以上で確認するのがダイヤモンド鑑定士の鉄則になっています。

クラリティ(Clarity)

光の反射を阻害する内包物やキズを見極める

「クラリティ」はダイヤモンドの透明度を指し、ダイヤモンドの中に内包物やキズがないかを鑑定します。

鑑定の際は高倍率のルーペや宝石用双眼顕微鏡を使用し、内包物の大きさや場所や目立ち方を確認します。同じ大きさの内包物でも、入っている場所によって輝き具合や美しさも変わってくるので(中心部の方が目立ちますし、評価は低くなります)、鑑定士の腕の見せ所です。

そんなクラリティの評価は、11段階あり、外部にキズがなく、内包物が全く含まれていない無欠点の石はFL(フローレス=Flawless)と呼ばれ、最上位の評価になります。反対に最下位はI3(アイスリー)と呼ばれ、肉眼でも容易に内包物が見える状態を指します。

ダイヤモンドにおいてカラットの大きさは確かに重要ですが、石の重さだけでなく、その輝きや美しさといった総合力で価値を計られているのも、ダイヤモンドの奥深さと魅力だといえます。

究極のダイヤモンド?トリプルエクセレント・ハート&アローとは

上で述べているように、カットはダイヤモンドを美しく見せるうえで、非常に重要なポイントです。ダイヤモンドのカットにはいくつもの種類がありますが、世界最高のカットと言われているのがアイディアルラウンドブリリアントカット と呼ばれる技法。ダイヤモンドの輝きを最も引き出せるカット方法と言われており、今もなおグローバルスタンダードとして評価されているカットです。

ラウンドブリリアントカットについてはこちら>>

アイディアルラウンドブリリアントカットは、ダイヤモンド研磨職人の家系の出であり数学者でもあったマーセル・トルコウスキー が、光の反射や屈折を数学的に計算して編み出した究極のプロポーションです。57面体(キュレートをカットしていれば58面体)からなる、1919年にベルギーのアントワープで発案されたこのプロポーションは、100年近く経った今なお最高のカットとして見る人を魅了し続けています。

トルコウスキーについてはこちら>>

そんなラウンドブリリアントカットで「トリプルエクセレント」の評価を受けたダイヤモンドは「アイディアルラウンドブリリアントカット」と呼ばれ、最上級品の証と言えます。

ハート&アローの画像
左がハートマーク、右がアローマーク

さらに、ダイヤモンドのカットには、「ハート&アロー」(日本では商標の問題があり、ハート&キューピッドとの呼び方が一般的)という評価基準もあります。

カット対称性の非常に良いダイヤモンドを、一定の光源下において専用のスコープ等で観察すると、テーブル面からは8つのアロー(矢印)模様パビリオン側からは8つのハート模様が観察できます。このハートとアローの模様が、対照的かつ均一に観察できるダイヤモンドのことを、一般的に「ハート&アロー」と呼びます。

ダイヤモンドが最大限に輝くには適切なプロポーションと共に、カットの対称性が重要です。この対称性をビジュアル的に確認できるかどうかが、「ハート&アロー」の意味合いとなります。「ハート&アロー」を綺麗に観察でき、尚且つ「トリプルエクセレント」のダイヤモンドは、究極のダイヤモンドといっても過言ではありません。

エクセルコの公式HPキャプチャ

究極と言うと、あまり手に入らない希少品のように思わせてしまったかもしれませんが、エクセルコ ダイヤモンドというブランドは、この「トリプルエクセレント・ハート&アロー」のダイヤモンドを多く取り扱っています。それもそのはず、エクセルコ ダイヤモンドは前述のトルコウスキー一族の子孫であるジャン・ポール・トルコウスキーが創設したブランドなので、カットへのこだわりは他の追随を許しません。さらにエクセルコでは「サリネ・ライトパフォーマンス」も採用するなど、徹底的にダイヤモンドのカットを追及しています。

ラウンドブリリアントカットをアピールしているブランドは多くありますが、より美しいダイヤモンドを求められるなら、「トリプルエクセレント・ハート&アロー」かどうかも注目してみてください。

エクセルコダイヤモンドの公式サイトはこちら>

品質?ブランド力?あなたにとっておすすめのダイヤモンドの選び方はこちら>>>