HOME » 【特集】トップ鑑定士が教える「ダイヤモンドは品質で選ぶ」 » ダイヤモンドの価値はブランドでは決まらない

ダイヤモンドの価値はブランドでは決まらない

高級ブランド=高品質のダイヤモンドというわけではない

日本では市販されるすべての0.1ct以上の宝飾用ダイヤモンドには鑑定が行われており、鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)によって石の品質がランク付けされています。しかしながら一般的には、「ハイブランド」=「高品質なダイヤモンド」という認識を持ちがちです。

「ハイブランド」=「値段が高い」は間違いではありませんが、「値段が高いハイブランドジュエリー」=「高品質なダイヤモンド」とは限らないのです。鑑定書によって同じランクの石とされていても、ブランドによって価格は変わってくるのです。

ダイヤモンドの品質か、ブランドとしての価値か

リングをつけた女性のイメージハイブランドのジュエリーで有名なのはティファニー。

ブランド力があるために「ティファニーのダイヤモンドは輝きが違う」と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、ティファニーのダイヤモンドだから特別に輝く、ということではないんです。

実はティファニーのダイヤモンドには、4Cの「カット」についてのランク付けがされていないものもあります。カットグレードもGIA(米国宝石学会)が定めたグレード評価基準ではなくてティファニーの独自基準が設けられています。

だからと言ってティファニーのカットグレードが他社に比べて劣っているわけではありませんが、独自の基準とブランド力で、ティファニーのダイヤモンドは価値を持っているのです。

ダイヤモンドのように高額かつ一生の記念になるものは、購入する方も信頼感や安心感を求めています。ハイブランドのものなら、「○○で購入したダイヤモンドジュエリー」という価値を保証してくれるので、購入する方も安心することができますよね。

もちろん、ハイブランドのジュエリーはデザインや技術力などに優れていることも事実。見た目やブランディング力で、身に付けている方やプレゼントする方が満足感を得ることができるのも、高級ブランドのメリットです。

一方で、カッティングや品質管理に重きを置いているブランドなら、同程度の金額でより高品質なダイヤモンド・大きいサイズのダイヤモンドを購入することが可能です。

ダイヤモンドとしての本質的な価値や輝きの美しさをとるか、ブランドの満足感をとるか、両方の価値を追求するかは、人によって異なると思います。

ダイヤモンドジュエリーを身につけることで、どういう価値を得たいのか?また、大切な人に贈るダイヤモンド、大切な人から送られるダイヤモンドとして、どういう選び方をするのか?長く身につけ、人生の大事なシーンで自分を輝かせてくれるダイヤモンドとして、何がふさわしいのか?

自分なりの「ダイヤモンドの価値観」を整理しておくことで、ダイヤモンド選びもよりスムーズに行えるようになるでしょう。