価値あるダイヤモンド選びのために HOME » ダイヤモンド鑑定書のすべて

ダイヤモンド鑑定書のすべて

こちらでは、ダイヤモンドの鑑定書について、ぜひ知っておいてほしい情報をまとめています。

はじめに、ダイヤモンド鑑定書の見方や「鑑別書」との違いについて解説。さらに、信ぴょう性のある鑑定書を手に入れるためのポイントや、鑑定書を紛失してしまった時の対処法、日本の鑑定機関である「中央宝石研究所」についての情報も掲載しています。

ダイヤモンド鑑定書について、知っておきたい情報が満載です。鑑定書についての疑問があれば、一度目を通してみてくださいね。

目次

ダイヤモンド鑑定書の見方

鑑定書は、ダイヤモンドの価値を保障する身分証明証のようなものです。4C(カット・重さ・色・透明度)や形状、対称性、紫外線に当てたときの蛍光性、仕上げによる研磨状態など、細かな情報が記載されています。

こちらでは、ダイヤモンドだけに発行される鑑定書の見方についてまとめました。ぜひお手元にある鑑定書と一緒にご覧ください。

鑑定書の見方が知りたい!>>

ダイヤモンドの鑑定書と鑑別書の違い

ダイヤモンドを購入すると発行される「鑑定書」と「鑑別書」。この2つの違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。

ダイヤモンドの品質を証明するのが鑑定書、宝石の起源や種類を証明するのが鑑別書と呼ばれますが、こちらではこの2つの違いについて具体的に解説しています。さらに、鑑別書の読み方についてもまとめました。

鑑定書と鑑別書の違いとは?>>

ダイヤモンド鑑定書にも本物と偽物がある?

ダイヤモンドの品質を証明してくれる「鑑定書(グレーディングレポート)」。しかし、中にはデータを偽った偽物の鑑定書も出回っているそうです。

こちらでは、鑑定書の真偽を見分けるためにチェックしておきたいポイントや、信ぴょう性のある鑑定書かどうかを判断するためのコツについてまとめています。

本物の鑑定書を手に入れるためのポイントは?>>

ダイヤモンド鑑定書の発行の仕方

こちらでは、ダイヤモンド鑑定書の発行や再鑑定についてまとめています。各鑑定機関から発行される鑑定書は、標準化されたグレーディングを採用しているため、大きく差が出ることはありません。しかし、鑑定書そのものは公的機関を介しておらず誰でも発行できるため、鑑定機関の信頼性が重視されます。

ダイヤモンドの鑑定書を発行したい、あるいは再鑑定してほしいという人は、ぜひ参考にしてください。

鑑定書の発行・再鑑定の方法は?>>

中央宝石研究所

日本でダイヤモンドの鑑定書を発行している「中央宝石研究所」は、宝石鑑別団体協議会(AGL)に加盟している、日本の鑑定機関です。

こちらでは、中央宝石研究所についての特徴や鑑定・鑑別にかかる費用、中央宝石研究所ならではのサービスについて詳細にまとめています。

日本の鑑定機関「中央宝石研究所」とは?>>