中央宝石研究所

中央宝石研究所は宝石鑑別団体協議会(AGL)に加盟している鑑定機関で、ダイヤモンドの鑑定書発行が認められています。国際機関と提携しているため、世界的にも信用度が上がってきていると言われる日本の鑑定機関です。

こちらのページでは宝石の鑑定機関である中央宝石研究所の費用やサービス情報をまとめています。鑑定書や鑑別書を作ってもらいたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

1.中央宝石研究所とは

中央宝石研究所はダイヤモンドの鑑定や宝石の鑑別をしてくれる鑑定機関です。「手元にあるダイヤモンドのグレードを知りたい」「本物かどうか見分けてほしい」ときなどに利用できます。

中央宝石研究所は日本の鑑定機関を統括する宝石鑑別団体協議会(AGL)に所属し、ダイヤモンドの品質基準4Cを元にした鑑定を行なっている組織。1992年に国際的な鑑定機関HRD(ベルギーが拠点)と提携したことで、鑑定結果の信用度は国内だけでなく国際的にも認められつつあります。

購入したダイヤモンドに中央宝石研究所の鑑定書が付いてきたなら品質は保証されていると言っていいでしょう。

ちなみに、グレードを知りたい場合は「鑑定書」、ダイヤモンドが本物かどうかを知りたい場合は「鑑別書」を作ってもらうようにしてくださいね。

基本情報

中央宝石研究所 東京本社

  • 東京都台東区上野5丁目15番14号 ミヤギビル2F(受付)
  • TEL:03-3836-1627(代)

中央宝石研究所 名古屋支店

  • 名古屋市中区錦3-22-13 栄町ビル西館5F
  • TEL:052-971-1628

中央宝石研究所 大阪支店

  • 大阪市中央区南船場3-4-26 出光ナガホリビル4F
  • TEL:06-6245-5187

中央宝石研究所 博多支店

  • 福岡市博多区博多駅前3-19-14 ビーエスビル2F
  • TEL:092-472-3038

2.中央宝石研究所の鑑定・鑑別費用

ダイヤモンドの鑑定、鑑別の費用についてまとめています。

「鑑定」とはダイヤモンドの品質をチェックすることを言います。鑑定書は別名「ダイヤモンド・グレーディング・レポート」とも言い、ダイヤモンドにしか発行されません。

「鑑別」はダイヤモンドや宝石が本物かどうかを調べることを言います。宝石を科学的に検査し、「何でできているのか」調べた結果が書かれたものが鑑別書です。ダイヤ自体が本物かどうかを調べるときは「鑑別」してもらう必要があります。

つまり、ダイヤモンドは品質をみる「鑑定」と素材をみる「鑑別」の2つのチェックを受けることができるわけです。他の宝石は「鑑別」だけ。それだけ、ダイヤモンドは特別な存在だと言えるでしょう。

費用

鑑定書(グレーディングレポート)作成
  2グレード 3グレード
1カラット未満 4,300円 4,800円
1カラット以上 7,300円 8,300円
10カラット以上 13,300円 13,300円
ソーティング(簡易鑑定)済みのもの
3,300円
ダイヤモンドの鑑別
3,300円

3.中央宝石研究所の特殊サービス

中央宝石研究所では、ダイヤモンドの鑑定や鑑別の他にも特殊サービスがあります。自分のダイヤモンドをもっとよく知りたい!と言う方におすすめです。

ハート&キューピッド

ラウンドブリリアントカットのカット面が対称になっているかチェックしてくれるサービス。特殊な光をダイヤにあてて調べます。

ツインダイヤモンド

1つの原石から2つのダイヤモンドを削り出したと言われているものが、本当に原石が同じかを調べるサービスです。

ダイヤモンドスパーク

ダイヤモンドの光り方を可視化してくれるサービス。通常の輝きに加え、「対称的か」「光る範囲はどのくらいか」までチェックしてくれます。

インクルージョン拡大写真付き報告書

インクルージョンとは宝石の内包物のこと。このサービスではインクルージョンを拡大した写真付報告書を鑑別書につけてくれます。

レーザー刻印取次サービス

ダイヤモンドの側面にレーザー刻印を入れてくれるサービス。レポート番号や商品番号以外にも、個人的なメッセージや記念日などを入れることができます。