価値あるダイヤモンド選びのために HOME » 人工の物やカラーなものもあるダイヤモンド。ダイヤモンドの種類について

人工の物やカラーなものもあるダイヤモンド。ダイヤモンドの種類について

こちらのページではダイヤモンドの種類について紹介します。ダイヤモンドと一言で言ってもその種類はさまざま。数あるダイヤモンドの種類から歴史や背景、造りなどを詳しく説明しているので、チェックしてみてください。

目次

1.人工ダイヤモンド

人口ダイヤモンドと天然のダイヤモンドはどこが違うのでしょうか。その違いについて詳しく説明しています。また、「天然ダイヤモンドを買ったつもりなのに人口ダイヤモンドだった」ということがないように、2つのダイヤモンドの見分け方についてまとめてみました。人工ダイヤモンドの歴史や製造方法についても記載しています。価格と品質のどちらを選ぶべきか迷っている方はチェックしてみてください。

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いとは?

2.模造ダイヤモンド

100年以上の時を経て製造技術が向上したことにより、まるで本物のダイヤモンドような輝きを放つ模造ダイヤモンドがつくられるようになりました。一言で「偽物」とくくれない、美しく精巧な「模造ダイヤモンド」とは、どのようなものなのでしょうか。模造ダイヤモンドの歴史や天然ダイヤモンドとの違いと見分ける方法は?またキュービックジルコニアやスワロフスキーなどさまざまな模造ダイヤモンドの種類を紹介しています。

これは偽物?ダイヤモンド類似石の模造ダイヤモンドとは?

3.紛争ダイヤモンド

購入したダイヤモンドが自分の手元に来るまでのルートを確認せずに購入すると、その背景に恐ろしい出来事が隠れていることがあります。ダイヤモンドをめぐって内戦が終わらないといった状況の国もあるのです。ダイヤモンドは一体何処で採取されたものか、どんなストーリーを経てここまできたのか分かりづらいもの。お祝いのときや記念日に購入するダイヤモンドだからこそルートをはっきり明示しているブランドやショップで購入したいですよね。ここでは、紛争ダイヤ問Dのとはどのようなものかを詳しく解説。また紛争ダイヤモンドを購入してしまわない方法についても紹介しています。

紛争ダイヤモンドを選ばない方法とは?

4.工業用ダイヤモンド

美しさの象徴ともいえるダイヤモンドは、主にアクセサリーとして人々から愛され続けている人気の宝石。それに加えて、美しさ以外にも優れた性質を持っているため、工業用として広く使用されています。ダイヤモンドは非常に硬い性質を持っており、「切る」「削る」「磨く」に特化。その他、熱的性質や振動特性の良さなどあらゆる面を持っているのもダイヤモンドの魅力です。ここではダイヤの性質と機能性を活用した工業用ダイヤモンドについて紹介しています。

工業用ダイヤモンドとは?

5.カラーダイヤモンド

ダイヤモンドは無色透明なものだけではなくピンクや赤などきれな色がついているものもあります。色ごとに意味が込められており、ひと味違った結婚指輪や婚約指輪を作りたいという人に人気で、大きなものを目立つよう装飾したり、ワンポイントとして入れたりと見せ方は様々です。カラーダイヤモンドに色がつく理由をはじめ、産地や産出量、天然と人工のカラーダイヤモンドの違いを調べました。

カラーダイヤモンドとは?