バイカラーダイヤモンド

バイカラーダイヤモンドは、ひとつのダイヤモンドの中に、ふたつの異なる色が、はっきりとわかるようにわかれて混在している、非常に珍しいダイヤモンドです。

そんなバイカラーダイヤモンドはプロポーズにふさわしいのかどうかを調べてみました。

バイカラーダイヤモンドとは

バイカラーダイヤモンドは、ひとつのダイヤモンドの中に、ふたつのまったく異なる色がわかれて混在する不思議なダイヤモンドです。

これはダイヤモンドに色がつくという化学的な変化が、ひとつの天然石の中でふたつ同時に起こってできあがった結果だといわれています。

そんな奇跡のような確率を持つバイカラーダイヤモンドは、環境の違いから生まれる配色に、ふたつとして同じものは存在せずお気に入りにものを見つけるためには、時間もお金も必要になります。

また天然のバイカラーダイヤモンドの流通量はきわめて少なく商品はかなり限定されてしまうそうです。

しかも、ひとつの宝石の中から異質な色の輝きを放つバイカラーダイヤモンドは、その華やかさと神秘性から世界中のセレブを惹きつけ、人気が高まりつつあり、今後ますます高値となってしまうことが予想されています。

最近では人工的に作り出され、価格がだいぶ安く設定されたものもありますのでパワーストーンとして利用するにはいいかもしれません。

バイカラーダイヤモンドの市場価値

バイカラーダイヤモンドは、レアダイヤモンドとして扱われる、大変希少価値の高いカラーダイヤモンドのため中古でも高い価格で取引されるそうです。

しかしバイカラーダイヤモンドは産出されることも稀なので市場に出回る数は少なく0.5カラットあたりでも通常のダイヤモンドより10万円以上の高値がつけられるそうです。

需要の高まりと人工ダイヤ製造の技術が向上したため、人工的に作りだされたものも市場に出回るようになりましたが天然のバイカラーダイヤモンドよりも格段に価値は下がります。

バイカラーダイヤモンドの持つ意味

2色の色を持つバイカラーダイヤモンドは、その名前の示すように、そのバイカラーダイヤモンドの持つ色の意味を両方ともかなえてくれる力があると言われています。

しかも、その配色バランスや色合いが、ひとつひとつ違う、世界でたったひとつしかない宝石ですからパワーストーンとしての効果も絶大だといわれているのです。

ひとつのダイヤモンドの中に、ふたつの色が一緒に存在するバイカラーダイヤモンドは、おふたりを祝福する宝石としてとてもふさわしいと思います。

他のカラーダイヤモンドについて