レアーダイヤモンド

こちらではレアーダイヤモンドの紹介をしていきます。普通のダイヤモンドではなく、ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれるとてもレアなダイヤモンド。希少価値の高い、人気の宝石です。

レアーダイヤモンドとは

ダイヤモンドは無色な物が定番と言われていますが、中にはファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれる色つきのレアなダイヤモンドも存在しています。

黄色や黒など様々な色がありますが、中でもピンクとグリーンは希少価値が高いといわれています。通常天然のダイヤモンドは黄色みやくすみがある物が多く、無色透明のダイヤモンドが見つかる可能性は全体のダイヤモンドの2%。

ピンクやグリーンは更にその半分しか見つかる可能性が無いと言われるので、確率的にはとても低い物です。

レアーダイヤモンドの中でも淡い色で輝きを放つピンクダイヤモンドはとても人気がありますが、1カラットよりも大きな物となると、世界中でも年間に数十個ほどしか無いと言われており、とても手に入りにくい物でしょう。

レアーダイヤモンドは、様々な自然界の条件が組み合わさってできる神秘的な宝石です。

レアーダイヤモンドの市場価値

レアーダイヤモンド(ファンシーカラーダイヤモンド)はあまり市場に出回ることがありません。

とても珍しく、なかなか天然で取れることも少ないと言われているので、金額も高くなっています。ファンシーカラーダイヤモンドは全部で11色あると言われていますが、中でもピンクとグリーンは更に希少性が高く、過去に約34カラット(6.8g)のピンクダイヤモンドに38億の値がついたこともあるほど、希少で高価なものです。

レアーダイヤモンドの持つ意味

レアーダイヤモンドは、ファンシーカラーダイヤモンドとも呼ばれ、英語のFancyを和訳すると空想、幻想という意味や気まぐれ、装飾的な、という様々な意味があります。他にも奇抜である様、上質な、変わったなどの意味も持っています。ファンシーというと多くの女性や子どもが好みそうなかわいらしい物を指しそうですが、ファンシーカラーダイヤモンドのファンシーは装飾的な、や上質、変わったなどの部分を意味していると言われています。

他のカラーダイヤモンドについて