ホワイトダイヤモンド

こちらではダイヤモンドの定番とも言われる、ホワイトダイヤモンドについて紹介していきます。ダイヤモンドはとても硬い石でできており、大切にすると一生輝きを放つ、人気のある宝石のひとつです。

ホワイトダイヤモンドとは

ホワイトダイヤモンドとは、色を持たない無色のダイヤモンドのことです。一般的にダイヤモンドは無色透明だと思われがちですが、珍しいピンクや青、黒や黄色などの様々な色のついたカラーダイヤモンドという物も存在しています。このカラーダイヤモンド以外の無色透明なダイヤモンドをホワイトダイヤモンドといいます。

ダイヤモンドは4Cと呼ばれるカラット、クオリティー、カラー、カットの4つで鑑定され、価値を決めています。多くはラウンドブリリアントカットというカット方法が使用されますが、石の品質はもちろん、このカットの仕上げなどでも価値が変わってきます。

新たに、O.E(オーバーエクセレント)カットという輝きを高めるカット方法が開発されており、O.Eカットがホワイトダイヤモンドの輝きを最大に引き出すのではないか、とも言われています。

ホワイトダイヤモンドは、どんな色の服装にも合いやすく、ピアスやネックレスはもちろん結婚指輪や婚約指輪にも人気の石です。

ホワイトダイヤモンドの市場価値

ホワイトダイヤモンドはとても価値のあるもので、結婚指輪や婚約指輪によく選ばれており、世界のあらゆるところで需要があると言われています。市場でのホワイトダイヤモンドの価格も、グレードが決められ、それによって価格も変わってきます。珍しい色のあるダイヤモンドよりは低いですが、透明度が高い物などはグレードが高く、高値で取引されるようです。ダイヤモンドはどの時代でも、希少な石として価値を高めています。

ホワイトダイヤモンドの持つ意味

ダイヤモンドは高度が高く、最も硬い石といわれています。なので、思いを堅くさせる、意志の強さを高める力があるといわれています。自分の気持ちを高めてくれるので、明るく前向きな気持ちを持っていれば、その思いをさらに強力な物にしてくれます。しかし、逆にネガティブな思いを抱いていると、その思いを強くしてしま宇土も言われているので注意が必要です。

他のカラーダイヤモンドについて